節分会(せつぶんえ)

2/3(水)

日時 2月3日 午前9時~
場所 宸殿(しんでん)
法要 日数般若心経讀誦(にっすうはんにゃしんぎょうどくじゅ)
    法要終了後、僧侶による諸堂の豆まき
備考 豆まき 金色不動堂
    ※京都大原学院生徒による豆撒き

催し物:
内容 ぜんざいの無料接待(大原観光保勝会)
場所 不動堂広場
期間 当日 開門~閉門まで
対象 参拝者全員
    ※宸殿   日数般若心経讀誦
   
法要内容:
本来の読みは「せちぶん」といい、季節の分かれる時という意味で、立春・立夏・立秋・立冬に移る時をすべて節分と言っていたが、いつの頃からか立春に限って言うようになりました。
特に立春に移る前夜を言い、季節の替わり目にあたって、古くは物忌をしたようですが、いつしか「追儺(ついな)」疫鬼を駆逐し、邪霊の侵入を防ぐための行事が主流になりました。当院では厳峻の季節、旧正月にあたる節分の日には早朝より僧侶が般若心経を一年の日数分(日数心経)を唱え息災を祈ります。

ページの上部へ戻る