• 建築
  • 彫刻
  • 絵画
  • 工芸
  • 書跡
  • 門跡関連資料

[彫刻] 三千院に伝わる彫刻をご案内します

阿弥陀三尊坐像

来迎印を結んだ阿弥陀如来を中心として、右手に勢至菩薩、左手に観音菩薩が坐る来迎の阿弥陀三尊像です。脇侍(きょうじ)の両観音は膝を少し開き、上半身を前屈みにしています。大和坐りと言われる珍しいものです。
平安時代後期を代表する三尊像です。

観音菩薩坐像(左) 勢至菩薩坐像(右)

観音菩薩坐像(左):やや前屈みで蓮台を捧げる観音菩薩。
勢至菩薩坐像(右):合掌する勢至菩薩。ヒノキの寄せ木造りで、勢至菩薩の胎内から久安4年(1148)の墨書が発見されました。

金色不動明王立像(金色不動堂)

智証大師作と言われています。長く秘仏として伝えられてきました。厳しいお顔の表情、両肩から全身にみなぎる力感、強く締まった体など平安期の制作を思わせる見事なお姿です。

救世観音半跏像(円融蔵)

鎌倉時代、寛元4年(1246)制作の木造仏で、飛鳥・白鳳時代の様式を忠実に再現しています。
拝すると一見飛鳥仏のような印象を受けます。

ページの上部へ戻る